測量美術・ICT舗装修繕・i-Construction推進・測量調査・京都市ベンチャー企業目利き委員会Aランク認定

 i-Construction大賞優秀賞受賞

株式会社エムアールサポート

ジャパンSDGsアワード特別賞受賞技術

金の卵発掘プロジェクトGP受賞

 

全部出来るICT(ICT舗装修繕)

舗装修繕(生きた道路)で、使える3次元測量。

 3次元計測とは、あらゆる物体の位置情報を面状に捉える測量手法です。

その3次元測量という測量手法の中でも「舗装修繕」に関する道路の計測は、非常に難しい。

その難しさの理由は、舗装修繕の現場がまさに生きているということにあるのです。

「生きている」とは、まさに生きた人間が計測対象の道路を使用中であるということ。

歩行者や通行車両など、舗装修繕の現場には、道路の新設時には存在しなかった物があふれ、全てが3次元計測の障害となっています。

生きた道路をハイビジュアルに3次元測量する「全部できるICT」

 計測が難しいといわれる生きている現場でも、高詳細な3次元計測が行える独自のプロセスを弊社は開発し、すでに実務で採用しております(令和元年度 i-Construction大賞優秀賞受賞)。全部できるICTは、ICTを使った活用をご自身で「全部できる」ようにお手伝いする測量サービスです。

全部できるICTは、「自動車が走っている道路」でも歩道からの計測で、きれいな3Dデータを取得します。この視認性に優れた路面の3Dデータは、道路の解析(縦横断解析・区画線抽出・面積体積計算・平坦性調査・わだち調査・ひび割れ判定)はもちろん、経年劣化観測初期データとしての再活用や、自動運転AIの開発にも利用できます。

「全部」のシステムで「できる!」

ICT活用の現状と、その課題とは・・・?

 i-Constructionという言葉が浸透した現在において「課題」となっているのが、システムの不一致です。「A社のご利用のソフトで作成したデータが、B社でご利用の端末で活用出来なかった!」というお声を弊社でも多数うかがっております。そこで「全部できるICT」では下記のICT対応を取っております。

「福井コンピュータ」×「建設システム」両方の3D設計に対応!

既に導入済みのシステムを変更しなくて良いサービスです。

 i-Constructionを進めるにあたりどうしても障害となる導入済みシステムの壁。これを解決しなければ、3D設計の導入は「形ばかりの足かせ」になってしまいます。これをどうにか解消したいという想いから、弊社ではシェアを占める両方のシステムを導入し、「データの相互互換性」を確立しました。

お問い合わせ先

株式会社エムアールサポート

〒616-8372 京都市右京区嵯峨天龍寺広道町7-9

TEL:075-865-0303

FAX:075-865-0308

E-MAIL:info@mrsupport-inc.com

Web Site :http://mrsupport-inc.com

測量美術(R)は、株式会社エムアールサポートの登録商標です。